仕事の辛さに耐えられず膝を抱えて苦悩する女性社員

職場での妊婦いじめの現状!職場内でのマタハラで追いつめられた話

SPONSORED LINK

【小林加奈子さん(30代 女性 デザイン業)】

私が勤めていた会社で、マタハラをうけていた話です。

残業が当たり前、日を跨いで深夜まで仕事をすることもあり、子育てをしながら仕事を続けるのは厳しい職場でした。

そのため、妊娠が発覚してから、会社にやめる旨を伝えました。

すると、そこから一気に部署内の上司と先輩、経理の男性から冷たくされることが増えたのです。

例えば…
経理の男性からは、
満員電車は不安なので早朝に出社し、17時前に退社という形はとれないか相談をしたところ「妊婦だからって特別扱いしてもらえると思ったら大間違いだ!」と言われました。

上司(男性)からは、
「妊婦はいいよなぁ、適当に仕事していても怒られないと思ってるんだろ」、「妊婦は早く帰れていいよなぁ。

俺は遅くまで仕事してるっていうのに」ということを毎日のように嫌みを言われました。

先輩(女性)からは、
「いいよね~妊娠したら無条件で辞められて。

私だって結婚したらこんな仕事すぐにでも辞めてやる」、「私はあなたの引き継ぎやらないから。

尻拭いさせないで」とキツく当たられました。

そのようなことが3、4ヶ月ほど続き、精神的にも肉体的にもストレスが溜まり、医師から切迫流産との診断を受けてしまったのです。

医者からも「今すぐにでも会社を辞めなさい!流産するよ」と言われても、辞められることは出来ず、点滴をうちながらなんとか仕事を続けました。

通勤中に嘔吐し、倒れたこともあります。

その後、診断書を提出し、時短勤務には切り替えてもらいましたが、周囲のマタハラはおさまらず、辞める直前までとても悔しい思いをしたことを覚えています。

何度も仕事復帰を求められましたが、はっきりお断りして良かったと思っています。

妊婦に対するマタハラは、大切な命さえ危険にさらしてしまうこともある!ということをわかってほしいです。


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

働くヒトランキング

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSで愚痴友、メル友、恋人作ろう