職場のお局様から不当な扱いを受けて途方に暮れる女性

SPONSORED LINK

レベルの低い会社って最低!今時の大学生でも一気飲みなんてしないよ?

【東みくにさん(30代 女性 専業主婦)】

以前、勤めていた会社はよく月に2回、全社員会議の後に飲み会、カラオケ大会がありました。

月2回も会社の経費で食事や遊興費を使うのはどういうものかと思っていましたが、ノリが大学生の延長のようだったので誰も注意する事が出来ませんでした。

ある日、自分は参加しなかったカラオケ大会で新卒の女性が急性アルコール中毒で救急搬送された事を知りました。

どうやら、カラオケでイッキを強要していたそうです。

毎回、カラオケでイッキをする事がありそこでその女性は潰されてしまったようです。

寝ながら吐き戻していたようですが、その場に居合わせた社長以下社員達は面白がって写真を撮り、その日に不参加だった社員達にその画像をLINEで送って笑いものにしていたそうです。

一歩間違えれば大変な事態になるのに、笑いものにしていたと言う程度に低さにドン引きしました。

救急車を呼んでくれたのは、カラオケ店の店員さんだったそうです。

あまりにも参加人数よりも、お酒の注文が多かったので不思議に思って部屋を覗いたら女性が倒れていたので119番してくれたのでした。

カラオケ店に来て下さった救急隊の方に社長はすごく怒られたそうですが、社長は悪びれもせずに「面白かったから何が悪いの」と言い返したようです。

その社長の奥様は女医さんなのですが、開いた口がふさがりませんでした。

こういう事を繰り返していたら、いつか労働基準監督署から是正勧告が来ると思いますが小さな会社なので見逃されているかもいれません。

取り返しのつかない事態になる前に取り締まってほしいと思います。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK