仕事が厳しくて家で一人涙するOL

SPONSORED LINK

将来の展望を持って仕事に取り組んで!好きな仕事だと思っていたはずが…

【yuichangさん(20代 女性 演劇制作)】

演劇の制作をしています。

簡単に言うと、営業や広報の仕事がメインです。

就職活動で苦労したこともあり、就職したはじめこそ、演劇という仕事で毎月一定の額の給料がもらえ、社会保険までついていると環境に恵まれているなと感じていましたが、徐々に、周囲とのギャップに気づいていくことになりました。

というのも、わたしは、この仕事を好きでやっていることだと捉えていて、でも、介護や福祉、小売業とは違い、演劇というものは社会にとって必ず必要ではない職業だからこそ、人よりもかなり努力しなければならないと思っていました。

そのため、週6日の仕事に加え、もちろん演劇も多くみにいきましたし、スキルアップのために数々のワークショップや講座にも参加していました。

そうした中、目の前の仕事をただ単に仕事として淡々とこなす先輩や同僚に苛立ちを覚えはじめました。

その一方で、イメージするやりたいことと、自身のスキル不足、そして、この会社に留まっていてはスキルが上がらないのではという不安とに疲れました。


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

働くヒトランキング

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSで愚痴友、メル友、恋人作ろう