イライラする仕事ができない上司

SPONSORED LINK

職場恋愛は結構だが、人事の悩みの種である事を知って欲しい。あと職場内不倫はやめて

【TAKAさん(40代 男性 事務職)】

私の会社は、他企業との付き合いなどが少なく、従業員はどうしても職場内の異性に目がいき、そのまま恋愛に発展していくことが多いです。

中には不倫関係に落ちている人も見受けられます。

人は長年一緒にいたり、同じ目的に向かって仕事をしていると奇妙な連帯意識みたいなものが生まれ、それまでは何とも思っていなかった人に対して、特別な感情を抱き始めます。

私もその経験があり、若い頃入ってくる新人に対し、決して容姿は良いわけでもない、特別性格や人間性がどうこうというわけではないのに、惹かれていった経験があります。

「誰々と付き合っています」と公言する人間はいませんが、小さな組織の中で日々一緒にすごしているわけですので、どこかしらかでボロが出て、どうしてもそれに気づいてしまうことがあります。

そして、この職場恋愛や不倫により、人事異動というものが非常に難しいものとなっています。

まず私の会社は県内に5箇所の拠点があり、全国規模で各県に拠点があります。

大体目安として1つの部署には3年、長くて5年ほどの滞在で次の部署へ移っていくことが恒例となっています。

その人事異動を行う時に考えなくてはならないのが、その方の恋愛暦と家庭環境です。

仕事内容ではなく、そこが課題としてあがる、ありえない人事異動が行われます。

SPONSORED LINK

家庭環境であれば、先に述べたとおり職場恋愛の多い会社ですので、そのまま結婚という道を歩んでいる人もいます。

それ自体は悪くはないのですが、異動を考える際には考慮しなくてはいけなくなります。

まず、職場内に夫婦がいるという状況はあまり好ましくないので、どちらかがターゲットとして狙われます。

そして、そのターゲットが決まったら「どこの拠点なら通うことができるか」ということを考えます。

ここまではあまり問題なくスムーズに行くのですが、問題はその次の段階です。

異動先の拠点に異動者の元カレ、元カノがいるかいないかを調べる必要があります。

人事側もうわさや憶測(または、本人が飲み会などでバラした事実)を元に考えるしかないのですが、これが一番厄介です。

もしも異動先に該当するような人がいたら、再度その異動先を考えるか、元の相手を移動させる必要が出てきます。

そうなると今度は元の相手の恋愛暦や家庭環境も考えなければならない。

このような無限ループが人事異動を行う時には必ずといっていいほど発声します。

中には特殊で、職場内の結婚を何度も繰り返しているという人もいますので、正直その方は扱いが難しいです。

かといって、このあたりを無視して異動をかけると異動者から文句が出てきます。

本人達が好きに始めた恋愛ですので、その結果がどうであろうと異動を命じる側には関係ありません。

会社として適材適所に配置を行い、よりスムーズに事業をまわすことを1番に考えたいのですが、そうなるとこの問題はどうしても避けて通れない問題です。

仕事は仕事の人間関係。

プライベートはプライベートの人間関係と割り切れればどれだけ人事異動を考えることが楽なのか。

日々思うところです。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK