深夜まで残業をしても仕事が終わらない女性社員

SPONSORED LINK

頼むから夜勤できる人を入れろ!定時がもはや意味をなさない。心身ともに限界です

【華月さん(20代 女性 印刷会社の発送作業)】

ある印刷会社で梱包、発送作業を中心に行っています。

担当が商品の発送であり、お客様の希望した時間に、商品が傷んだりすることなく事故なく届けることが最大の目標になっています。

そのため指定した時間までに届けるためにはそれに間に合う時間に出さなければなりません。

そのため、ものが多く忙しいときには夜遅くまで残って作業をしなければいけないことになります。

今日はもう遅いから次の日に回すということはできないため、本当に夜遅くまで残ることになるんです。

時として朝日が昇る頃に帰ることもありそれがとても困ります。

間に合わせなければいけないということは理解しているため、残業が生じてしまうのは仕方がないとは思っています。

ただ、その日の発送がすでに終わっているのに次の日の発送の梱包作業をするために毎日のように三時間以上の残業がその日の予定に当然のように組み込まれているのを見るとなんとも言えない気分になります。

正直、やる気すら半減します。

SPONSORED LINK

そうまでして残業が多くなっている原因の一つは人手不足です。

会社としては喜ばしいことなんでしょうが以前に比べて明らかに発送数が増えている状況です。

なのに人が辞めていくため人手が足りず、残業してまで翌日発送の作業をしないと間に合わないという現状があります。

作業自体は複雑ではないので人さえいれば解決できる状況です。

さっさと人を入れろという気分になります。

一応派遣の人に頼むこともありますが作業が遅くなかなか進まなく結局彼らが帰った後に残った分を社員で作業しなければなりません。

社員として雇えば毎日のように作業があるので多少は慣れていくだろうと思うので長期で働ける社員を募集中です。

また、発送梱包に関しては夜勤がいないため、朝来て夜も働かなければならない状況もよくないと思っています。

製本作業している人たちにはあるのだから発送梱包にもあっていいものだと考えています。

そうすれば次の日の梱包も進めてもらえるのにと。

とりあえず人を入れてほしいと切に願います。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSのメルパラで愚痴友、メル友、恋人作ろう