理責めで部下を鬱病に陥れる神経質なハゲ上司

SPONSORED LINK

中国人は自己主張が強くて面倒臭い!職場の中国人がうざくてストレス

【ナガタニエンさん(20代 男性 人材派遣業の営業)】

人材派遣の業界に身を置いております。

元々、この業界自体はブラックと言われても不思議ではありません。

なにせ昼間は対法人、夜は対求職者に対応することがほとんどであるためそれをすべて担当するとなると長時間労働をしなければならないのが現状なのです。

そこで大手企業ではそれをチームワークで行う事で負担を軽減するということや役割をはっきりする(コーディネーター専門、営業専門など)ところもありますがその他のほとんどは一括して営業やコーディネーターを行います。

その分きめ細かいフォローなども必要になるかと思います。

そして、今いる会社も一括したサービスをするためまずは労働時間が長くなってしまう。

更に同業の人も同じような環境のため明らかに業務時間外でも電話をかかってくる。

それに対応する必要があるわけなのでやはり長くなりますね。

それだけならまだマシかもしれません。

人によってはそれを覚悟で入っている人もいるわけですから。

今いる会社はさらに人間関係がオカシイ状況になっています。

事務所内では6名ほどしかいないため周りの状況がよくわかります。

SPONSORED LINK

会社の社長は中国の人で周りの営業の人も中国の方がいらっしゃいます。

中国の方とお仕事したことある方はわかるかもしれませんが、時には自分に意見を押し通すような国民性が発生されることがあります。

その際に中国人同士がオフィス内で喧嘩をすると大声で色々言い合うわけです。

困ったことにそれが中国語で行われているため何を言っているのか、何で揉めているのかがさっぱりわからないのです。

そのため喧嘩を止めるということができないのです。

知らない言葉で大声で怒鳴りあっているなんて普通では恐怖以外なんにでもないです。

そのため、言い合いが終わった後もしばらくは会社の空気がオカシイ状態なので仕事がしにくく感じる人が多いです。

そしてお互いが感情的になってしまいますのでそれが徐々に飛び火してしまう事もあり得ますのでかなり理不尽なことで怒られたりします。

更に自分の意見が通せなかった場合は怒ったり泣いたりして押し通そうとしているわけなのでこちらとしては意見を言って改善を図ろうとしても話にならない状態なのです。

そうなってしまいますとトップのいう事を忠実にという事をせざる得ない人が多くなってしまいますので人間関係もごちゃごちゃしているのが実情かと思います。

幸い取引先などで実情やそういう方々と仕事をしている経験を持っている方からは同情であったり逆にフォローを頂いたりして助かっている部分もありますが、やはり社内ではそれが改善される様子がないので困ったものです。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSで愚痴友、メル友、恋人作ろう