自分のミスもパワハラで他責にする使えない上司

SPONSORED LINK

短期的なビジョンで経営するのは止めろ!出来高制給与の弊害!

【ハマゾウさん(40代 男性 会社員)】

今の会社には15年以上勤めています。

仕事は楽では無いですが、結構楽しく仕事をできる環境でした。

ただ、2~3年前、給与体系が変わりました。

それまでは、固定給でボーナスの時に多少売上高に応じたインセンティブが支払われる、という給与体系でした。

同世代であれば、普通に仕事をしていれば年俸で50万程度の差が生まれるような感じです。

しかし、社長が代わり、固定給が引き下げられ(固定給だけの生活は難しいレベルの報酬です)、その代わり、売上高に応じボーナスが支払われる出来高制が導入され、社員の年俸は最高で400万円程度差が生まれるような給与体系に変わりました。

私はそのような給与体系の導入に疑問を呈しましたが社員の大多数がその給与体系に賛成したため、このような形で報酬が支払われるようになりました。

その結果、売り上げが高い社員は良いのですが、中々売上高が伸びない社員は、すぐに会社を辞めざるを得ない状況になりました。

私は育成を担当しているため、一時期売り上げが伸びないだけでお金がもらえず辞めていく社員を見るのが本当にしんどいです。

SPONSORED LINK

会長世代交代をお願いします!売上も労働環境も悪循環なグレー企業

【すみっこさん(20代 女性 事務)】

私は温泉施設で事務をしています。

日帰り温泉で、宴会場や食堂も併設している施設です。

事務作業を1日黙々としている訳ではなく、お土産のレジ打ちや、フロントは勿論、清掃や、食堂や宴会場の皿洗いや配膳の仕事の手伝いも任されます。

慢性的に人手不足の職場の為、様々な部署を掛け持ちすることになっています。

しかし、仕事が増えたからと言って待遇が良くなる訳ではありません。

休みも週に1度取れたら良かった!と安心する職場で10日、2週間休みがないこともザラにあります。

休憩時間も1時間ありますが、1時間休むと注意されます。

繁忙期は忙しくご飯を食べる時間もありません。

そして、県最低賃金で労働対価に見合わないお給料でこんな職場の為、辞めていく人は多く更に人手不足になり仕事は増え、休みは減る悪循環の職場です。

この様な労働環境になる原因はトップの会長にあります。

会長の後先を考えないワンマン経営で、現場の意見を何も聞くこともありません。

サービス業ですが、お客様の為を思うことはありません。

人件費削減、経費削減がモットーです。

温泉という衛生面が一番大切な職場でありながら、清掃要員がいない時間もあります。

洗濯代を浮かすために、マットやタオルを洗うことを嫌がります。

電灯や空調も付けることもとても厳しく言われます。

温泉だけでなく宴会場や食堂でも同様に経費削減が一番にされています。

その為、お客様に汚くなった、以前より悪くなったと言われる事が多々あります。

電気や空調一つでも会長の指示通りにするとお客様にクレームを言われ、お客様の要望に応えて電器を付けると会長にも怒られると言う私たち従業員は板挟みでストレスを貯めています。

この様な状況で働いてる為、お客様が増えるわけもなくどんどん経営が悪化している状況です。

売上が下がり人件費の比率が高くなっていて、近頃は従業員を辞めさせています。

売上を伸ばす努力をせずに気に入らなければ辞めさせる。

そのような会社体質です。

辞めさせ方にも問題があり会社都合ではなく、自己都合退職に持ち込ませています。

元々人手不足でありながら、辞めさせて居るためシフトが回らず日々大変な労働環境になっており職場環境も売上と改善する見込みもない職場であります。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK