怒鳴り散らすデブな上司

SPONSORED LINK

ミサワかよ!先輩の器の小さい嫌がらせにイライラする

【るなさん(20代 女性 企画)】

私の教育係とのジェネレーションギャップについて。

私の世代では当たり前な話題も「それ、誰が知ってると思う?誰も知らないよ?」と言い、私が生まれる前の話に関しては「え、そんなことも知らないの?それで知ってるとか言わない方がいいよ」と言われ、私が出す企画はほぼ全て却下されました。

そしてある日、その人と私とのミーティングでしっかりと話し合って決めた企画であるのにも関わらず、発表当日に勝手に全く違うものになっていました。

しかもそれが一度だけではなく、もう何度も。

「やっぱりこっちの方がいいから、これに変更するね」の一言くらいあっても良かったのでは。

極め付けはこれ、「これなんかおかしくない?直しといて」と間違えを指摘されるのですが、なんと、どこが違うのか教えてくれないのです。

確かに考えさせることも大切だと思いますが、こちらも「ここですか?そこですか?」と何度も聞いているのに何日も答えを教えてくれないのです。

そしてある日届いたメール。

「あえて答えは言わないけど、考えてみて」

ただただ時間の無駄で、嫌がらせなのかただのバカなのか、とにかく本当にイライラしています。

SPONSORED LINK

もう一度新人からやり直してください!自分のことしか考えていないミサワのような上司

【もんろーさん(20代 女性 サービス業)】

「結局俺が仕事をやると、誰もやらなくなるんだよね」

とよく愚痴をこぼしていた上司。

しかしそれは逆もしかりでした、上司以外の誰かがやれば上司はやらないのですから。

基本的に初めの言葉を漏らしては、上司は自ら仕事を積極的にやろうとしませんでした。

暇さえあれば一服をしにいき、少し手が空けば仕事の要件以外の長電話。

上司なので、下っ端が仕事を請け負うのは仕方のないことだと思っていました。

なので、最初はそこまで気にはならなっかたです。

しかし自分は無駄な作業をしているなかで、新人のパートさんはサービス残業を行っていました。

新人さんの仕事が多いのは仕方ないことで、終わらなければやるのが上司や先輩の務めです。

しかし上司は違いました。

「新人の仕事が終わらなければ、君だったらどうする?」

「私は先輩なので、その分は自分の責任として仕事を請け負います。本人に確認して時間が許せば、時間を延ばして(サービス残業ではなく)やってもらいます」

「それじゃあ、人件費がかかって仕方ないだろう。俺が食事代節約すればいいの?俺が我慢すればいいんだよな?」

正直、この人は上にたつ器がないなと思いました。

自分の食事代のために新人を働かせてるのかと思うと、この人のもとでは働きたくないと感じました。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK