理責めで部下を鬱病に陥れる神経質なハゲ上司

SPONSORED LINK

部下の気持ちを考えて!制度が変わり上司や会社についていけない

【naanさん (20代 女性 通信業)】

通信販売の仕事をしてます。

営業にもなるので、歩合制度があったり毎月○件というコミッションが与えられ必ずその数字を達成しなければいけません。

正直時期によっては達成が厳しい時期もあり、その時は最終日に社販が始まりこの社販は半分強制です。

また歩合制度も毎月変わり昔に比べてスタッフ還元が非常に少ない割にコミッションは高くなって行きます。

営業マンにとっては歩合でお金を稼ぐことが何よりもモチベーションになるのですが毎月全然稼げないことからやる気をなくすスタッフも多くいます。

その状況を現場を見ていない上司たちが「どうしたら数字とれるの?」と上からガツガツ言ってくることが非常に不愉快で、私は役職を持っていたため部下がいます。

現場のトップをやらせてもらっていたので、部下の考えやモチベーションの管理にも苦戦され、上からは文句しか言われない、アドバイスもくれない。

何もしてくれないのに文句ばっか言って来ます。

これに腹を立たせ最近辞める話をすると態度は一変しました。

もっと上司が部下目線になって考えてあげるべきです。

SPONSORED LINK

責任って言葉、辞書で調べてください!制度変更には責任が伴うって分かってる?

【たろきちさん (40代 男性 事務職(人事労務))】

昨今の労働時間管理により、残業規制あり。

もともとの給与制度設計が基本給が低く、残業代で補填する、という設計。

そのため、残業規制で給与減に直結。

不満に対する回答が副業を認める、とのこと。

仕事量は減らない、派遣社員は単価が高く雇えない、中途採用は条件が悪いからこない。

でも労働時間は減らせ。

あげくのはてに、お金がほしけりゃ、副業をしろ。

単なる責任は追わない労働強化だけ。

またお客様の要望には、二三ヶ月かかるのが当たり前、といっているのに、自社のシステム対応はほかの案件を差し置いて最速で対応させる。

優先順位が間違っている。

お客様のことは二の次だというなら市場では相手にされないだろう。

新しいプロダクトも作れないのに、サービス提供料金をあげて、赤字を解消しようなんてあり得ない。

自社のサービスが10年前と変わってないなら、時代の流れから遅れていることを認識しないと。

すべてにおいて、判断が会社は悪くない、最善をつくしている、あとは現場がしっかりやればいい、としか聞こえてこない!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK