圧倒的なパワハラに何もできないサラリーマン

SPONSORED LINK

お客様にペコペコし過ぎるな!王様のように偉くなられたお客様

【cubicddさん (30代 男性 営業職)】

私の仕事は手数料売り上げで利益を上げており、契約をして手数料を頂戴する成果報酬です。

契約をしなければいけないので仕事の大半はお客様とコミュニケーションの時間になります。

逆に、お客様とのコミュニケーションの時間が無いと契約する事が出来ないのでダメ営業マン烙印を押されてしまいます。

全てのお客様に共通している訳ではありませんが、自分本位・自分勝手なお客様が非常に多くなってます。

「情報だけ下さい。ご連絡は結構です」

手数料商売なので、情報が私達の商品ともいえます。

その商品を無条件でよこせと言ってくるお客様。

都合の良い時は「あれを調べろ」・「これを確認しろ」・「この資料を用意しろ」・「日程を調整しろ」などを要求。

確認するにも人件費や経費がどれくらいかかるか知っていますか?

現代社会ではタダで出来る事は殆ど無いんです。

契約直前では「契約をしてほしかったら手数料を安くしろ」や「手数料を払いたくない」等、対価を払いたくないと言ってきます。

私たちは利益ナシで完璧な仕事をしなければいけないのでしょうか。

いつからお客様はそんなに偉くなられたんでしょうか。

SPONSORED LINK

日本中どこでもそれで通用すると思うなよ!いくら、まけてくれまんねん

【penginさん (40代 女性 営業事務)】

大阪に本社を持ち、私のいる支店・営業所を全国に持っている中堅のなのですが、その土地柄なのかそれとも私のいる会社だけがそうなのかわかりませんが、お得意様と商品の卸値や買取金額などお金の話になると、必ずまけさせようとするのです。

もう充分にまけてもらっているにもかかわらず、です!

大阪の人ってお金にシビアな面があるとききます。

商売で繁盛してかつての日本経済の中心地となった土地なのでそこはすごいと思うのですが、えげつないほど買い叩く人が多いです。

冒頭の「いくら、まけてくれまんねん」はもうお約束で、会社だけではなく若くても子供でもおばさんでも挨拶代わりに口から出る言葉なのかと思うくらいです。

もう、会社関係に限らずプライベートで遊んでいるときでも大阪人は値切るのが当たり前、定価で買うなんて「何、かっこつけてんねん!」とツッコミどころ満載です。

最初は面白いなあと思っていましたが、毎日こうだと段々恥ずかしくなってきて、自分はここまでお金にがっつく人生は送れないことを実感します。

と、同時に大阪人とは結婚できないと思いますね。

腹が立ちますから。


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

働くヒトランキング

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSで愚痴友、メル友、恋人作ろう