格好から入るなんちゃってベンチャー社長

SPONSORED LINK

ベンチャーってカッコつけるな!!ベンチャー企業はおかしな考えばかり

【東みくにさん (30代 女性 総務職)】

セキュリティコンサルティング業をしているベンチャー企業でパートとして総務一般の仕事を担当していました。

ベンチャー企業なので創立してからまだ10年足らずの会社なので、比較的パートでも色々と任される仕事が多く、当初はそれらを楽しんでこなすくらいの心の余裕がありましたが、ある時から風向きが変わって来たように感じました。と、言うのは社長のお気に入りの若手男性社員がCOOと言う地位についてから、やたらと「ベンチャーっぽいから」と言う理由で無茶な事を言うようになったのです。

例えば、会社で社員合宿を行う事になり、合宿場所を確認すると、広島県福山市、滋賀県近江八幡市、などと、社員合宿をするような場所には到底感じられないので、「どうしてこの場所で合宿をするのですか?」と、聞きましたら「ちょっとマイナーな場所で合宿をするって、ベンチャーっぽくない??」と言うのです。

特に理由も無くイメージだけで決める事に浅はかさを感じました。

ベンチャー企業なので、社長のお気に入りのパートさんはとても大事にされます。

営業補佐をしているパートさんは私達の知らない所で「パートリーダー」と言う肩書きになっていました。

その肩書きを利用してか、他のパートのあら捜しをするようになり、逐一社長に報告していたのです。

中でも驚いたのが、総務の仕事は誰でも出来るから「総務」と言う部署を無くした方が良いという提案を社長にしていたのです。

普通の考えを持っている社長なら、そんな提案は聞き流すのでしょうが違いました。

「普通の会社なら総務部門があるけど、敢えて総務部門を失くすってベンチャーっぽい!」と考えたようで、即実行されました。

その提案があり、私は職を失いました。

総務の仕事は誰でも出来る仕事だから、気付いた人がやる事になったようです。

併せて、経理や出納の管理も、当初は経理の資格を持っているパートさんが担当していましたが、それも、「経理の仕事なんて誰でも出来るから」と、言う理由でそのパートさんも職を失いました。

一体、何を思ってそんな事を言うのか全くもって不可解です。

今まで私も色々な会社で働いてきましたがこんなおかしな事を言う会社は初めてでした。

総務と経理が一気に無くなったら今後どうなるかなんて考えていないようです。

ただ、バカの一つ覚えのように何に対しても「ベンチャーっぽい」か「ベンチャーっぽくないか」で決めている所が大変滑稽です。

今年で10年目を迎える会社ですが、この先10年後にはこの会社は無くなっていると思います。

SPONSORED LINK

GOを出す前に、その案件で稼げるか考えろ!ベンチャーあるある「フットワークの軽い会社です」

【ゆなさん (30代 女性 医療系技術職)】

医療関係ベンチャー企業の下っ端社員です。

仕事の内容は「先端技術の産業転用」「先進医療普及に寄与」と非常にやりがいがあるのですが…志をもって取り組む社員が多い中、心を折られるような出来事が起こることもあります。

もっとも心を折られるのは、上層部が持ってきた新規案件を要件定義から現場に投げること。

しかもそれが「肝いり」というわけではなく、思いつきに限りなく近い案件なこと。

誰にどこまでの権限を持たせるのか決めて…いや、せめてこの案件のどこまでが自社の仕事なのか決めてから投げてこい!現場のリソースは限られてるんだぞ!と言いたいです。

稼げるかどうかの算段もつけずに、「とりあえず始めて」ということが多すぎ。

フットワークが軽いというのは間違っていません。

間違っていませんが、せっかく開拓した道を埋めて戻るような仕事が多すぎる。

意思決定が速いのはいいことなんですが、スキルも志もある現場の技術職が、上層部の感覚的な方針変更に疲弊していくのと見るのが悲しくて仕方ありません。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK


人気SNSで愚痴友、メル友、恋人作ろう