後輩に仕事を丸投げするゆとり女性社員

SPONSORED LINK

お局の集合団地。愚痴の板挟みに八つ当たりの道具と化した私。

【さららさん (20代 女性 経理事務)】

同じ年代の多い職場よりも年上の多い職場に中途採用してもらいました。

20代前半だった私に対し、一番歳の近ったのは社長の娘で40前。

社歴10年と20年のお局に社長の娘と私。

私は違う会社だったにも関わらずグループ会社だったので同じフロア・同じテーブルの島でこの社長娘とお局二人と仕事をすることになった。

入社当初、皿の洗い方、水の出し方、コップの直し方、掃除の場所までとにかく口を出され逐一文句を言われた。

朝の当時は「来た人からやればいい」と言われたので20年お局の少し前に出社し掃除を行っていた。

社長室、営業、経理、会議室…教えてもらった個所を掃除していたら「あと何処を拭けばいいの?」と聞かれ、「社長室と営業は終わりました」と拭いていない場所が多かったので終わった場所から告げると「どことどこが残ってるかって聞いてるんじゃない!質問の意味わかってる?」と怒鳴られた。

20年お局は気性が荒く気分屋で好き嫌いがはっきりとしており、自分の仕事以外のイレギュラーな仕事を頼まれると不機嫌になるタイプでした。

10年お局は自称鬱で毎日酒臭く二日酔いによる遅刻欠席常習犯。

勤務中幾度となく携帯をいじり、携帯が終わればパソコンゲームを始める。

仕事は出来る人だったが偏屈な人だった。

社長娘は「親の七光りじゃない」と言い張る人で、上から下まで着飾り庶民でお洒落にさほど興味のない私に何かと口を出してくる。

経理課長から経理部長へと2年間の間であっという間に役員へとなり、経理の基礎知識が無かったことでお局二人からは随分と陰で嫌われていた。

「私は努力しています」とSNSで発進するのが得意で、10年お局に勤務中に仕事以外のことをするなと注意しているにも関わらず、自分はフェイスブックやツイッターを常に更新していた。

経理初心者の私は一から十まで経理の知識は10年お局から、給与計算や人事については20年お局から教わった。

子会社の私は普段から「あなたの会社は人数が少なくてうらやましいわ」と言われ続け、当然人数が少ないので給与計算も20年お局より早く終わる。

それに対して、私の仕事を毎回毎回目でちらちらと確認され「もうそこまでいったの?ふーん」とその後かなり不機嫌になる。

給与大臣のソフトの使い方が慣れず、メモを取っていたものの途中で混乱し20年お局に「ここからの操作についてお伺いしてもいいですか?」と聞いたら「これ一回説明したよね。はぁ、私忙しいだけど」と怒られ、その後意地でも一度ですべて覚える様に努力した。

2年も経つともとよりパソコン操作は苦ではなかったので、給与大臣やエクセルやワードといった資料作成などは全てスムーズにこなせるようになった。

気づけば会社全体でパソコンに強い子と認定され、ソフトの扱いやパソコンの操作、プリンターの不調などすべて聞かれるようになった。

源泉徴収票や法定調書などの業務も、お局から聞かれるようになるほどになり、10年お局にしても20年お局にしても、幾度となく同じ操作を当たり前のように聞いてくるようになった。

元々お局同士はかなり仲が悪いようだった。

それは私もうすうす感じていたし、周りからも過去私が勤めていた会社の事務員さんが4人ほど2年も持たずに退職していったのは彼女たちの悪質ないじめによるものだと教えてもらった。

負けず嫌いなのと以前の会社も周囲の人間関係による窮屈さを感じて辞めたので今回はへこたれないぞと意気込んだ結果、二人のお局は手のひらを返したようにいじめを止め、私に話しかける様になり今まで溜まっていたのであろう長年の会社の愚痴とそれぞれのお局の愚痴をよく零すようになった。

私が給湯室に行けばついてきて愚痴り、昼食後歯磨きにいけばまた愚痴を聞かされる。

お陰様で入社して3年も経たずに過去20年分近くの会社の歴史と人間関係と、社長一家のプライベート情報や社員同士の人間関係など知りたくもないことまでどんどん頭に入っていった。

いじめられるより愚痴を聞いて終わるほうがまだましだったので、毎回聞いていた。

お局同士の喧嘩は実に幼いもので「向こうが挨拶しないから私も挨拶しない」とお互いが言う状態。

連携した仕事でも「お願いします」の一言がどちらも言えないようななりたくない先輩の鏡だった。

社長娘は気づけば自分で立ち上げた応援グループのようなものにのめりこみ、勤務中にも関わらずラジオの収録や応援しているグループのライブの打ち合わせなどで会社にいることが少なくなった。

愚痴、八つ当たり、矛盾の渦の中に居続けて5年。

胃が痛くなり胃カメラを飲むほどまでに体は崩れた。

幸い異常はなかったのものの、とあるきっかけで20年お局の顔を見るとと吐き気を催すようになり限界を感じた。

会社とは、仕事よりもやはり人間関係でこじれるものだと再度痛感した。

SPONSORED LINK

そんな性格だから未だに独り身なんだよ!背筋も凍る怖い怖い女の職場のはなし

【りんりんさん (30代 女性 保育士)】

保育士といえば女社会。

嫉み、ひがみ、派閥争い・・・毎日のように聞こえる悪口にうんざりしています。

今の職場に勤めて13年になります。

正職員でバリバリ頑張っていたのですが、出産育児のため10年目にパートになりました。

パートになっても10年間バリバリ保育士をやってきた実績があるので、やはり上司からも保護者からも何かと頼りにされていました。

普通のパートでは考えられない、障害児の担当をしたり、パソコンなども出来たので書類作成を頼まれたり、とにかくパートの安い給料以上の仕事を私は文句を言わずこなしていました。

パートになって一年が過ぎたころ、1歳上の先輩の態度が明らかに変わり始めました。

話しかけても目を合わせてくれず、コソコソと私の噂をしているんです。

その先輩は仕事はあまり出来ず、保護者からもクレームの嵐・・という問題児だったのですが、若い職員を味方に付けて派閥を作っていました。

周りから聞いた話では、私が上司からひいきされてパートなのに偉そうにしている、正職員の自分を差し置いて保護者が私と話している・・という要するに妬みです。

陰で言っている分にはまだ良かったのですが、私が部屋に入っていくと子供に近寄らせないようにしたり、子供が抱っこを求めて私のところへやってくるとわざと雑用を押し付けたり・・と子供を利用するようになってきたのです。

さすがにそれでは仕事のならないので、その様子を見かねた同僚が上司に話してくれました。

もちろん先輩は上司に呼び出され説教となったのですが、そこで黙っていないのが先輩派の派閥の若い職員。

私の存在で若い職員の仕事がやりにくいだの、あることないこと上司に直談判にいったようです。

それを聞いてもう私はうんざりしました。

保育士は子供を見るのが仕事、それすら出来ていない人がよく他人のことをとやかく言えるな・・と。

私を擁護してくれる職員もたくさんいましたが、心労などいろいろ重なり、パート3年目で退職しました。

その後の話では、また先輩が違う人をターゲットにし、辞めさせようとネチネチ攻撃しているそうです。

そんな保育士に絶対子供を預けたくないです。

そして恐ろしい女の職場にはもう二度と近づきたくないです。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK